“宗徧”の読み方と例文
読み方割合
そうへん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あいつはいつかも話したとおり例の山田宗徧の弟子で、やはり一(上野介の符牒)の邸へ出入りをしている、茶会でもある時は、師匠のおをして行って
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
当月十四日、大友近江守どのお招きのうえ、茶会のおもよおし有之四方庵宗徧宗匠にも出席のはずに候
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
深川の高橋のに、山田宗徧住居があった。川を裏庭へ取り入れて、閑雅な趣きを凝してある。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)