“安定”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あんてい25.0%
スタビリチー25.0%
セット25.0%
バランス25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“安定”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 経済 > 貨幣・通貨100.0%
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ2.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
經濟界けいざいかい安定あんていする、一ぱうには海外かいぐわいかねはらはずして
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
それであるから金解禁きんかいきん出來できのちける經濟界けいざいかい以前いぜんよりも安定あんていしたとつて差支さしつかへないわけである。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
「それは、別に困難なことではありません。今日の気体力学によって充分空中における安定スタビリチーを得る方法が発見せられておりますから、ゼエフエリンの飛行船を改良して絶対に動揺しない住宅を空中に作ることが出来ます。畑も空中で作ることが出来ます。工場も空中に作ることが出来ます」
空中征服 (新字新仮名) / 賀川豊彦(著)
此の時ブルウス船長は、コウスを安定セットするために一寸海図室に入り、直ぐ船橋ブリッジに引っ返したのだが、見ると、後方に、二つの明るい火が、「燃えるように」輝いていた。
沈黙の水平線 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
C説——それならば、クラン・マッキンタイア号の報告した大暴風雨を受けて、あっという間に安定バランスを失い、忽ち覆伏したものと考えるのが一番簡単ではないか。
沈黙の水平線 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)