“大鉄瓶”の読み方と例文
読み方割合
おおてつびん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大鉄瓶がかかっているし、お茶の用意も一通り出来ている。それに、お弁当がちゃあーんと備えられていることを知りました。だが、誰もほかの人の気配はない。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
火鉢の灰かきならし炭火よくけ、芋籠より小巾とりし、銀ほど光れる長五徳きおとしを銅壺まで奇麗にして、さて南部霰地大鉄瓶をちゃんとかけし後
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
を煮ている鍋を下ろして、大鉄瓶とかけかえ、小鳥籠を前にしてぼんやりと、火にあたっているところへ、村田寛一が、胸に弥蔵をこしらえながら、ブラリとはいって来ました。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)