“大贔屓”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおひいき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大贔屓”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
だって、だって何でさ、加茂川亘かもがわわたるさんて——その、あの、根岸の歌の先生ね、青公家あおくげの宗匠ンとこへ、お嬢さんの意趣返しに、わっしが暴れ込んだ時、の紋附と、目録の入費を現金で出しておくんなすったお嬢さんを大贔屓おおひいきの——新聞社の旦那でさ。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)