“大般若”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だいはんにゃ88.9%
だいはんにや11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また大床のすみにすえてあった大般若経唐櫃のまえに立ち、中の経文をつかみ出して、その底までをしらべていたが、やがてのこと
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
組み伏せて『大般若』を繰り、『心経』を読み、大勢集まりて一心に祈りければ、山々の天狗名乗りつつ退く。
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
又、もう二足三足で、豆小僧は悪魔におさへられようとする、あぶない目にあひましたので、今度は三枚目の大般若のお守札をそこへ投げました。
豆小僧の冒険 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
大般若のお札といつて、なか/\有難いものだ。もし今日お前が山に行つて、何か恐ろしいめにあつたなら、その一枚をそこに投げて、逃げるのだよ。
豆小僧の冒険 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)