“大場”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だいば66.7%
おほば33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大場”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
三島明神みょうじんの一の鳥居前から、右に入って、市ヶ谷いちがや中原なかはら中島なかしま大場だいばと過ぎ、平井ひらいの里で昼食ちゅうじき
丹那山の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
大場だいば駅附近を過ぎると、此処ここらももう院線の工事に着手しているらしく、路ばたの空地あきちに投げ出された鉄材や木材が凍ったような色をして、春のゆう日にうす白く染められている。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
右兵衞佐うひやうゑのすけ(頼朝)が旗揚はたあげに、草木と共に靡きし關八州くわんはつしう、心ある者は今更とも思はぬに、大場おほばの三郎が早馬はやうまききて、夢かと驚きし平家の殿原とのばらこそ不覺ふかくなれ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)