“早馬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はやうま75.0%
はや25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“早馬”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
早馬駅はゆまうまや」は、早馬はやうまを準備してあるうまやという意。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
多少の疑惑はあったものの、戦わざるに勝った心地がして、公綱としては歓喜たぐいなく、正成の陣営のその後へ、自身ただちに陣を敷き、やがて京都へ早馬はやうまを立て勝利の旨を南六波羅へ申しやった。
赤坂城の謀略 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)