“大周章”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおあわて50.0%
おほうろたへ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大周章”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「甚五衛門一人を討って取るに三百の兵を催おしたとはさてさてお館義明公も大周章おおあわてに周章られたと思われるの」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「まつたくだ。今に見給へ、また例の泥臭い生温なまぬるの湯を持つて來るぜ。今大周章おほうろたへで井戸に驅け出して行つたから。」
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)