“大久保市蔵:おおくぼいちぞう” の例文
“大久保市蔵:おおくぼいちぞう”を含む作品の著者(上位)作品数
島崎藤村1
福沢諭吉1
“大久保市蔵:おおくぼいちぞう”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そのほかに黒幕見たような役目をびて来たのが大久保市蔵おおくぼいちぞう(後に利通としみち)、その三人が出て来たところ
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
同時に、薩摩藩さつまはん大久保市蔵おおくぼいちぞうからも幕府への建言があって、これは人心の向背こうはいにもかかわり、莫大ばくだいな後難もこの一挙にある
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
先方にちゃくして親しく戦争をも見物したその縁があるので、今度薩州の人が江戸に来て英人との談判に付き、黒幕の大久保市蔵おおくぼいちぞう取敢とりあえず清本卯三郎を頼み
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)