“夜郎自大”の読み方と例文
読み方割合
やろうじだい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが夜郎自大やろうじだいでするような、衒気てらいげにも、高慢にも響かないで、いかにも尋常に出て来る。
大菩薩峠:30 畜生谷の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)