“壁紙”の読み方と例文
読み方割合
かべがみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「えっ、まあそんなことが……」光枝がふりかえると、なるほど入口の上の壁紙に、一・五七という数字がでている。
什器破壊業事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
我々の別荘は、円柱の並んだ木造の地主屋敷と、さらに二棟の平べったい傍屋から成っていた。左手の傍屋は、安ものの壁紙を作るっぽけな工場になっている。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
けつつ壁紙
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)