“土耳古帽”の読み方と例文
読み方割合
トルコぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
赤い土耳古帽をかぶって、隅っこにかたまって、ハーモニカを吹いているところへ、例の春日長次郎——広袖の縫取りのある襦袢とも支那服ともつかないものを着て
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
土耳古帽堤畔の草に腰を下して休んだ。二合余も入りそうな瓢にスカリのかかっているのを傍に置き、から白いんだ赤楽馬上杯を取出し、一度ってから落ちついて独酌した。
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
女がひょいと顔をそらしてへうつむくと、猫が隣りから屋根づたいに、伝うのです。どうも割合に暑うごすと、居士は土耳古帽を取って、きちんと畳んだ手拭で、汗をきましたっけ。……
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)