“四貫島”の読み方と例文
読み方割合
しかんじま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
川口へ下ってゆく、高瀬舟や番所船、十反帆の影などが、ゆるゆると流れてゆく合間に、向う岸の四貫島の森から白い鳥群が粉のように飛び立つのが見えた。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ぶらぶらと太田の間借りをしている四貫島の方へ歩きながら、話というのは外でもないが、と中村は切り出したのであった。——じつは今度、クウトベから同志がひとり帰って来たのだ。
(新字新仮名) / 島木健作(著)
三軒家や四貫島や、天保山のあたりは、見物がたいへんだった。だか人間だかわからないほど両岸に市民が立っている。艦上には、三藩の兵が、をして、五卿は烏帽子直垂で立っていた。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)