“しかんじま”の漢字の書き方と例文
語句割合
四貫島100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぶらぶらと太田の間借りをしている四貫島しかんじまの方へ歩きながら、話というのは外でもないが、と中村は切り出したのであった。
(新字新仮名) / 島木健作(著)
三軒家や四貫島しかんじまや、天保山てんぽうざんのあたりは、見物がたいへんだった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR