“嚢底”の読み方と例文
読み方割合
のうてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もとより下士の悉皆商工に従事するには非ざれども、その一部分に行わるれば仲間中の資本は間接にをなして、些細の余財もいたずらに嚢底に隠るることなく
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
志士仁人もまたかかる醜態を演じて、しかも交誼を厚うする方便なりというか、大事の前に小欲を捨つるわず、前途近からざるの事業を控えて、嚢底多からざるの資金を濫費
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
「深くその、嚢底に秘して置くですね。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)