“嚢陽”の読み方と例文
読み方割合
じょうよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
柳は嚢陽の名士であったが、文章を構想することは遅かった。筆を持ってやや久しく考えたができなかった。王者はそれをせめた。
織成 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
あっしは嚢陽生れのやくざ者、人肉を食らったむくいで、火眼狻猊とアダ名され、分銅鎖の使い手と、自分ではウヌ惚れておりますが、そちらの兄貴二人にくらべたら、けちな野郎でございます。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
嚢陽累歳孤城に因る
緑衣人伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)