“喜望峰”の読み方と例文
読み方割合
きぼうほう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十二年前、喜望峰の波止場で、朝霧の立ち込めた穏やかな海上を大きな水禽が群れをなして水とすれすれにんでいた光景を思い出す。
暴風雨に終わった一日 (新字新仮名) / 松本泰(著)
それによって帰国の旅の方針を定めねば成らなかった。遠く喜望峰を経由して、印度洋から東洋の港々を帰って行く長い航海の旅をぼうか。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
高麗大明はおろか、安南柬埔寨婆羅納暹羅高砂呂宋爪哇満剌加はいうに及ばず、遠くは奥南蛮から喜望峰をめぐり、大西洋へ出て、西班牙葡萄牙羅馬、どこへでも
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)