“喚込”の読み方と例文
読み方割合
よびこめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
揉事に非ず早々何處へか行きて居れとり付いざお光殿是へ御座れとの一間へ喚込ば女房は彌々べき景色にて密男は七兩二分密女に相場はきながら格子戸
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)