“喉袋”の読み方と例文
読み方割合
のどぶくろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
年のせいで咽喉の皮膚がたるみ、酒焼けなのか潮焼けなのか、首が蘇芳でも塗ったように赤いので、そのへんが七面鳥の喉袋みたいにみえる。
復活祭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
肉置厚き喉袋に濡らすげさ
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
肉置厚き喉袋らすげさ
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)