“唐児”の読み方と例文
読み方割合
からこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
護法堂の布袋、囲りに唐児れて居る巨大な金色の布袋なのだが、其が彫塑であるという専門的穿鑿をおいても、この位心持よい布袋を私は初めて見た。
長崎の一瞥 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
それから助手の子供らは、まるで絵にある唐児です。あたまをまん中だけ残して、くりくりって、しく両手をいて、陳氏のうしろに立っていました。
ビジテリアン大祭 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
唐児わげ」を「からわ」という。日本紀に角子を「あげまきからわ」と訓してあるそうで、もしかすると「からわ」また「からは」は初めには頭を意味したかもしれない。
言葉の不思議 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)