“吉野山”の読み方と例文
読み方割合
よしのやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いて何かの聯想を思い出させれば、やはり名所の雪を描いた古い錦絵か、然らずば、芝居の舞台で見る「吉野山」か「水滸伝」の如き場面であろう。
霊廟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
学校から伊勢参宮をしたときふた晩、それから和太郎さんが若い衆であったころ、吉野山へ村の若い者たちといっしょにいったときが五晩、そしてやはり若い衆であったころ
和太郎さんと牛 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
吉野山は、くからずいぶんく、さんその修道者といつて佛教修行をするつてゐたことは、らかな事實でした。その經驗から、はじめの出來たのであります。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)