“伊勢参宮”の読み方と例文
旧字:伊勢參宮
読み方割合
いせさんぐう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
街道には、伊勢参宮講中なぞが群がり集まるころである。木曾路ももはや全く以前のような木曾路ではない。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
そのうえ、本人のおせい様は、伊勢参宮とかに出かけたきり、ながらく上方にとどまっておって、このころまで、わしのほうの用向きもなかったのだ。が、待てよ。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
学校から伊勢参宮をしたときふた晩、それから和太郎さんが若い衆であったころ、吉野山へ村の若い者たちといっしょにいったときが五晩、そしてやはり若い衆であったころ
和太郎さんと牛 (新字新仮名) / 新美南吉(著)