“合客”の読み方と例文
読み方割合
あいきゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
合客は、ある画伯の夫人と、婦人雑誌で名の知れた婦人記者磯村女史だった。その人が、欣々さんからの使者にたってて、出ぎらいだったわたしを引出したのだった。
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
其のは雪がチラ/\降出し真闇ですから、に余り大勢の合客はありません様子でありますゆえ、濱田へ上って見ますと、衝立を立て、彼方にも此方にもお客が居ります。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「今夜は、ほかの合客は一切まかりならんぞ」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)