“取悪”の読み方と例文
読み方割合
とりにく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
て申合せ候一儀大半成就致し候え共、絹と木綿の綾は取悪き物ゆえ今晩の内に引裂き、其の代りに此の文を取落し候えば
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「おやまた怒ったか、笑ってくれ、拝む。拝む、おっと笑った、さてさて御機嫌が取悪いぞ。またもや御意の変らぬうちだ。」と抱竦めて元結ふッつり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
祖「黙れ、何だ斯様のものを以て何の云訳になる、これは何たることだ、綾が取悪いとか絹を破るとか、は綿を何うとかするととも分らん」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)