“參:まゐらせ” の例文
“參:まゐらせ”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂1
“參:まゐらせ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
天地紅の色つぽい結び文、押し開けると、プーンと掛け香の匂ひ、女文字の散らし書きで『ぜひ/\お出で下されたく、命にかけて御待申上參らせ候』と、まゐらせの字が、小首をかしげて