“厳科”の読み方と例文
読み方割合
げんか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わしが領主であっても、断乎として、彼を厳科し、四民の見せしめに、八ツ裂きにせずにはおかない。彼に、地をがあれば、草の根を掻きわけても、引ッ捕えて磔刑にかける。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小松谷の小御堂には夜もすがら念仏の声がっていた、念仏をおくびにいっても、厳科に処すという禁令が出て以来、官の取締り方も民衆の自戒も、針のような神経質になっている折なのに。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
時に、峻烈無情にも似る厳科の断刀もまた下さねばなるまい。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)