“卵巣”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らんそう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“卵巣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また或るものは卵巣らんそうの中を刺し透し、或るものはまた、精虫せいちゅうの頭をかすめてゆく。
(新字新仮名) / 海野十三(著)
海栗かぜという貝の卵巣らんそうですけれども刺撃性が強いと見えます。何でも食物を料理する時は中へ入れる品物の性質を知っていてその配合を定めなければなりません。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)