“南無妙”の読み方と例文
読み方割合
なむみょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先祖代々の諸精霊……願以此功徳無量壇波羅蜜具足円満平等利益——南無妙……此経難持若暫持我即歓喜……一切天人皆応供養。——
夫人利生記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
破三味線盲目の琴、南無妙太鼓、四ツ竹などを、叩立て、掻鳴して、奇異なる雑音遠くにる。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かい。講中にちっと折込みがあって、これから通夜じゃ、南無妙、」
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)