“南無八幡大菩薩”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なむはちまんだいぼさつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“南無八幡大菩薩”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
けれども内心は、天神様や観音様、南無八幡大菩薩なむはちまんだいぼさつ、不動明王摩利支天まりしてん、べんてん大黒、仁王におうまで滅茶めちゃ苦茶にありとあらゆる神仏のお名をとなえて
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「いくら呑気だってほどがある。うちの宿六やどろくには呆れ返っちまう。これで十日あまりも冢を明けているんです。南無八幡大菩薩なむはちまんだいぼさつ、どうぞ足どめをしてお返し下さいますように——。」
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)