“南無八幡大菩薩”の読み方と例文
読み方割合
なむはちまんだいぼさつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聞け、あのを。味方の一兵は敵の十人にも当っているのだ。——行こうっ。南無八幡大菩薩、頼朝に事を成し遂げさせ給うか、また、ここに生命を召し給うか。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いくら呑気だってほどがある。うちの宿六には呆れ返っちまう。これで十日あまりも冢を明けているんです。南無八幡大菩薩、どうぞ足どめをしてお返し下さいますように——。」
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
南無八幡大菩薩、不動明王摩利支天、べんてん大黒、仁王まで滅茶苦茶にありとあらゆる神仏のお名をえて、あわれきょう一日の大難のがれさせえ、たすけ給えと念じてのさき真暗
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)