“南無大師遍照金剛”の読み方と例文
読み方割合
なむだいしへんじょうこんごう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
酔って来ると箸で皿を叩きながら「ノムダイシ、一升五合」(南無大師遍照金剛)というのを繰返し繰返し唱えたことも想い出す。
箱根熱海バス紀行 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そこの講中が大自慢で、毎年々々、南無大師遍照金剛でかつぎ出して寄進しますのじゃ……と話してくれました。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)