“南無仏”の読み方と例文
読み方割合
なむぶつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旅僧はその時、南無仏と唱えながら、のごとき杉の木目の式台に立向い、かく誓って合掌して、やがて笠を脱いで一揖したのであった。——
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
至心欲願、南無仏南無仏南無仏。
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
片隅なる盲翁は、も悩める気色はあらざれども、話相手もあらで無聊えざる身を同じ枕に倒して、時々南無仏南無仏と小声に唱名せり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)