“加賀爪伝内”の読み方と例文
読み方割合
かがづめでんない100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで、しずかに、持ちかえるをさがすと、蔦之助の矢は見あたらないで、大鳥居の額縁さっている加賀爪伝内の矢が目にとまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先刻遠矢試合では河内流加賀爪伝内勝点をとって、蔦之助は負けということになっていたが、いま、その遠矢の的場であるこの大鳥居のに立ってみると
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
加賀爪伝内の遠矢が、ぶちにりっぱに立っているのに、貴公の矢が鳥居にも立っていないのはどうしたしだいか、これ、弓勢たらずして、矢走りのとちゅうから
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)