“加賀爪甲斐”の読み方と例文
読み方割合
かがづめかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「夜ふけて通るは何者ぞ、加賀爪甲斐か泥棒か、さては坂部の三十か……江戸の人達は唄にまで作り、恐れおびえているのになあ」
二人町奴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
江戸では端唄がございました、夜更けて通るは何者ぞ、加賀爪甲斐か、盗賊か、さては阪部の三十か、という唄が昔ございました、夜更けて無提灯で歩くものは盗賊か
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
私は曾て旗本の悪童共、水野十郎左衛門加賀爪甲斐が試みた闇汁のように、無気味な昆蟲や蛇や、あらゆる悪食に箸をつけました。獅子の胎児も、海豹睾丸も、物の数ではありません。