“剃跡”の読み方と例文
読み方割合
そりあと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
髮の毛の濃い、髯の剃跡の青々とした、少しましい感じのする男ですが、口調も顏の表情も柔和で、誰にでも頼母しがらせずには措かないと言つた如才なさがあります。
無地の紋の付いた着物でをはいていた、そばに若い女がいっしょだった、まだ、むすめむすめした、小柄の愛くるしい顔だちで、眉の剃跡の青いのがいかにも初妻という感じである。
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
剃跡がやゝ薄くなつて、卵形の面長、鐵漿まず、白粉も嫌つて、紅だけ差した片化粧が、この女の場合は、しい色つぽさになつて、相手の男に、自分の意志を押しつけようとするのです。