“処為”の読み方と例文
旧字:處爲
読み方(ふりがな)割合
しうち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“処為”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さりとは愛敬あいけうの無き人とあきれし事も有しが、度かさなりての末にはおのづか故意わざとの意地悪のやうに思はれて、人にはさもなきに我れにばかりらき処為しうちをみせ
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
表町とて横町とて同じ教場におし並べば朋輩ほうばいに変りは無き筈を、をかしき分け隔てに常日頃意地を持ち、我れは女の、とてもかなひがたき弱味をば付目にして、まつりの処為しうちはいかなる卑怯ひきやうぞや
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)