“円行燈”の読み方と例文
新字:円行灯
読み方割合
まるあんどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬琴は薄暗い円行燈の光のもとで、八犬伝の稿をつぎ始めた。執筆中は家内のものも、この書斎へははいって来ない。
戯作三昧 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
すると毎夜種油を惜しまず、三筋も四筋も燈心を投入れた偐紫楼円行燈は、今こそといわぬばかり独りこの戯作者をわが物顔に、その光はいよいよ鮮かにその影はいよいよ涼しく
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
馬琴は薄暗い円行燈の光の下で、八犬伝の稿をつぎ始めた。執筆中は家内のものも、この書斎へははいつて来ない。
戯作三昧 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)