“円行灯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まるあんどん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円行灯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
こう云って来て貴人のような武士は、円行灯まるあんどんの黄味を帯びた光に、正しい輪郭を照らしていた顔を、にわかにかしげて聞き耳を立てたが、急に立ち上がると円窓を開けた。
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)