“其風”の読み方と例文
読み方割合
そのふう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
那樣ぶのかにはりません。』と、院長はイワン、デミトリチの樣子宛然芝居のやうだとひながら、其風つてふた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
『それに其風は何だよ。』とお山は言ふだけの事は云つてやると云ふ
絶望 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)
れば瀧口が錫杖の到る所、其風を慕ひ其徳をがざるはなかりけり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)