“候様”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そうろうよう50.0%
そろよう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“候様”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌3.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
作り高は村内の者に都合よく分け持たせ、後々のちのち再び有付ありつかせ候様そうろうよう
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
くだって十六七世紀の頃迄は全欧を通じて孔雀は宴席に欠くべからざる好味と相成居候あいなりおりそろ。レスター伯がエリザベス女皇じょこうをケニルウォースに招待致し候節そろせつたしか孔雀を使用致し候様そろよう記憶致候いたしそろ
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)