“侍衆”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さむらいしゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“侍衆”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
麻𧘕𧘔あさがみしもを着けた五十人あまりの侍衆さむらいしゅうがその先を払って、いずれも恐れ入った態度を取って、ひそやかに二条城を出たのは三月七日の朝のことだ。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「いやいや家中の侍衆さむらいしゅうではない。ご一門中の立派なお方だ」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)