“麻𧘕𧘔”の読み方と例文
読み方割合
あさがみしも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
麻𧘕𧘔を着けた五十人あまりの侍衆がその先を払って、いずれも恐れ入った態度を取って、ひそやかに二条城を出たのは三月七日の朝のことだ。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
めずらしくもこの吉左衛門が代を跡目相続の半蔵に譲る前の庄屋に帰って、青山家の定紋のついた麻𧘕𧘔に着かえた。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
駅長としての半蔵は、父の時代と同じように、伊之助、九郎兵衛、小左衛門、五助などの宿役人を従え、いずれも定紋付きの麻𧘕𧘔で、この一行を出迎えた。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)