“体能”の読み方と例文
旧字:體能
読み方割合
ていよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
体能く礼を述べて断りましたが、その問答応接の間、私は眼前に子供を見てその行末を思い、又みて自分の身を思い、一進一退これを決断するには随分心を悩ましました。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
成程あんたはと戸田さまの御藩中だが、今は機屋だから機屋らしい事をなければなりませんよ、御近所に原與左衞門も居りますから、か解るものを頼んで、体能を東京へ帰すとか
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
殿様がいらっしゃっては邪魔になるゆえ、来月の四日中川にて殿様を釣舟から突落して殺してしまい、体能くおに届けをしてしまい、源次郎を養子に直し、お國と末長く楽しもうとの悪工