“仮吟味”の読み方と例文
読み方割合
かりぎんみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを牢舎に下げるには、どんな軽罪な者でも、即座に「仮吟味」を開き、一応、奉行自身が冤罪偽構の事件であるかないかを確かめた上、奉行の口から
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仮吟味の準備のために、与力や同心が狂奔するかたわらには、奉行中山出雲守が三家の若殿万太郎が不時の訪れに、その応接にも狼狽し、一方、役宅へ迎び入れた日本左衛門と金吾とには
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ちらと、二同心の仮吟味をしている様子へ横目をくれて
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)