“他人:ヒト” の例文
“他人:ヒト”を含む作品の著者(上位)作品数
折口信夫3
中原中也1
種田山頭火1
釈迢空1
“他人:ヒト”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
……けど、他人ヒトに言はせると、——あれはもう、二十幾年にもなるかいや——筑紫で伐たれなされた前太宰少貳ゼンダザイノセウニ—藤原廣嗣—の殿トノ生寫シヤウウツしぢや、とも言ふがいよ。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
……けど、他人ヒトに言はせると、——あれはもう、二十幾年にもなるかいや——筑紫で伐たれなされた前太宰少貳ゼンダザイノセウニ—藤原廣嗣—の殿トノ生寫シヤウウツしぢや、とも言ふがいよ。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
……けど、他人ヒトに言はせると、——あれはもう、二十幾年にもなるかいや——筑紫でたれなされた前太宰少弐ゼンダザイノセウニ—藤原広嗣—の殿トノ生写シヤウウツしぢや、とも言ふがいよ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
唯、他人ヒトの手に触れさせたくない。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
唯、他人ヒトの手に觸れさせたくない。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
唯、他人ヒトの手に觸れさせたくない。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
しぐれ、まいにち他人ヒトの銭を数へる
行乞記:02 三八九日記 (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)
「あれは——あんた昨晩ユンベ知らなかつたかね、あゝもう寝てゐたつけね。あれはあんた、田に引く水のことで喧嘩をして胸に石を投げられて傷をした人ですよ。——あんたがたでも、仮令他人ヒトと他人との喧嘩でも、喧嘩である時は何でも好いから其処から遠去かることですよ。石でも当つて、まああれなんかは当り所が好かつたけれど。」
その頃の生活 (新字旧仮名) / 中原中也(著)