“他人:ヒト” の例文
“他人:ヒト”を含む作品の著者(上位)作品数
折口信夫3
種田山頭火1
釈迢空1
“他人:ヒト”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
……けど、他人ヒトに言はせると、——あれはもう、二十幾年にもなるかいや——筑紫で伐たれなされた前太宰少貳ゼンダザイノセウニ—藤原廣嗣—の殿トノ生寫シヤウウツしぢや、とも言ふがいよ。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
……けど、他人ヒトに言はせると、——あれはもう、二十幾年にもなるかいや——筑紫で伐たれなされた前太宰少貳ゼンダザイノセウニ—藤原廣嗣—の殿トノ生寫シヤウウツしぢや、とも言ふがいよ。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
……けど、他人ヒトに言はせると、——あれはもう、二十幾年にもなるかいや——筑紫でたれなされた前太宰少弐ゼンダザイノセウニ—藤原広嗣—の殿トノ生写シヤウウツしぢや、とも言ふがいよ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
唯、他人ヒトの手に触れさせたくない。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
唯、他人ヒトの手に觸れさせたくない。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
唯、他人ヒトの手に觸れさせたくない。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
しぐれ、まいにち他人ヒトの銭を数へる
行乞記:02 三八九日記 (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)