“仏高力”の読み方と例文
旧字:佛高力
読み方割合
ほとけこうりき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏高力と呼ばれた河内守清長の曾孫で、島原の乱後、ぬきんでて鎮撫の大任を命ぜられ、三万七千石の大禄をみましたが
鬼作左は、峻厳をもって聞え、仏高力は仁者として親しまれ、天野は、中和の人という定評だった。——どちへんつかずというのは、三河の方言で、どちらにもせぬということらしい。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仏高力鬼作左、どへんなしの天野三郎兵衛と、そのかみ三河ッ児の洒落たのが舂引音頭に作って、この一角を宰領した三奉行の高力与左衛門、本多作左衛門、天野三郎兵衛の奉行ぶりを