“人跡未踏”の読み方と例文
読み方割合
じんせきみとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
気がつくとか向うでコツコツ何かやっている。さながら、人跡未踏の山奥が、生れながらの住家のようで、七十を越した人などとはとても思われない。
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)