“人欲”の読み方と例文
読み方割合
じんよく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道心は人心のその正を得たる心と王陽明は説いたが、を得るとは、人欲のまざらないところで、つまらぬ感情のなきをいうところであると思う。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
〔譯〕眞己を以て假己つ、天理なり。身我を以て心我をす、人欲なり。
呼呵淺猿きは人欲なり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)