“京軍”の読み方と例文
読み方割合
けいぐん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帝は巍国公徐輝祖をして、京軍三万をいて疾馳して軍に会せしむ。景隆、郭英、呉傑、軍六十万をし、百万と号して白溝河す。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
大寧よりりて会州に至り、五軍を立てゝ、張玉を中軍に、朱能を左軍に、李彬右軍に、徐忠を前軍に、降将房寛を後軍に将たらしめ、く南下して京軍と相対したり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)