“亜流”の読み方と例文
読み方割合
ありゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは武田家滅亡をまのあたりに見ているので、その亜流をきらった人気のあらわれともみられる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「岡村さんて人も君が私淑しているくらいだから、安藤先生の亜流じゃないかい?」
負けない男 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
まあ半分は堂上方の風が身にみた長袖の亜流に過ぎない。