“五十歳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いそじ50.0%
いそとせ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春色梅暦』に藤兵衛の母親に関して「さも上品なるそのいでたち」という形容があるが、この母親は既に後家になっているのみならず「のころ、五十歳あまりの尼御前
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
額髪の幼なかりにし俤は五十歳過ぎてその亡きあとも
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)